ソロプチミスト日本財団 平成22年の「国内・国際奉仕」援助金贈呈先に、SI熊本 推薦の「特別非営利活動法人 インドに幼稚園を作る会」が選出され、50万円が贈呈されました。

私たちが推薦しましたこの団体の活動を紹介します。

特定非営利活動法人 インドに幼稚園を作る会  代表 大久保美喜子様

設立:2002年 11月1日

会員:設立時 15名、現在90名

「インドに幼稚園を作る会」は、インド・ムンバイの売春窟に売られてくる女性たちが産んだ800人の子どもたちのために、現地のNGOと協力して幼稚園を設立運営している団体です。

大久保さんは、平成12年にインドの児童売春の新聞記事「奴隷化される少女」を読み、インドに行き現地視察の結果、教育も受け入れられないまま女児は母親と同様当り前のように売春婦になっていく現状に涙したそうです。

売春窟の女性の6割がHIV(エイズ)に感染しているといわれる中、父親のない子を産むケースも多い現状。これは、無知に無学のために起こる悲しき連鎖と感じ、それを断ち切るための一つの手段として、平成14年11月に「インドに幼稚園を作る会」を発足させました。

6年前の平成16年に幼稚園を設立、さらに2年前から、6名の女児に年間20万円の小学校就学費用の支援も始めました。

現在も、毎年子どもたちの顔を見るためにインド行きを続けている大久保さんの「母性」、異国の母子の為に行動を継続する「信念」と「精神力」に感動しました。

平成22年11月25日に、愛媛県松山市で行われた「ソロプチミスト日本財団年次大会」で、援助金の贈呈式があり、牛島会長が「目録」をいただきました。

私たちが推薦した「インドに幼稚園を作る会」に援助金50万円を送りことができ、会員一同喜んでおります。

 

ソロプチミスト日本財団委員長 藤井智子