SI熊本「夢を生きる就学援助」プロジェクト

国際ソロプチミストの目的である「女性と女児の生活向上のために」に基づき、将来の夢(職業)を実現するために、大学・専門学校を目指し、入学時の経済的支援を必要としている熊本市内の女子高校生に20万円を支給する、2010年に立ち上げたSI 熊本独自のプロジェクト。今年度は17名の応募者から選考し5名の方に決定、現在までの9年間で42名を支援しました。
今年度の贈呈式は、新生活へ旅立つ5名の方々へ配慮して、企画委員会・3月理事会・3月例会・ディナーショー会場でそれぞれ行いました。

●SI熊本「母と子の夢を拓く」プロジェクト

国際ソロプチミストの目的である「女性と女児の生活向上のために」に基づき、中学3年生の子どもの高校進学のために、経済的援助を必要としているシングルマザーを経済的に支援し、高校進学準備金15万円を支給するSI 熊本独自のプロジェクト。加えて、子どもの進学を機に、自身の生活向上のためにキャリアアップを図る強い意志を持つ母親を精神的に支えて、困難に打ち勝つように支援することをも目指します。
認証40周年記念事業として今年度 立ち上げ、第1回目の今回は27名の応募者から選考し7名の方に贈呈いたしました。贈呈式は3月例会で行われ、困難に立ち向かって頑張っている方々の生の声を聴き、会員一同、このプロジェクトの意義を再確認しました。

クラブ賞贈呈式

今年度のクラブ賞贈呈式は、認証40周年チャリティー事業「THE LEGENDディナーショー」2019年3月21日(木・祝)の会場で行われ、ご来場のたくさんの皆さまに見守られながら、素晴らしい活動をしている方々を表彰いたしました。
これらの表彰プログラムと顕彰事業が継続できていますのも、私たちの趣旨にご賛同いただき、チャリティーディナーショーにお越しいただきました皆さまのご支援のおかげと深く感謝いたしております。

「女性栄誉賞」

NPO法人「傾聴ネットキーステーション」代表 菊池 美保子 様

平成17年に設立し、地域や高齢者施設を訪問しての傾聴ボランティア活動、被災地の心のケア支援活動、傾聴ボランティア育成事業を継続され、熊本地震では、被災者に寄り添う傾聴活を行われました。

「社会ボランティア賞」

「大井手を守る会」会長 渡辺 幸助 様

熊本市中央区渡鹿の地域住民が中心となり、汚染が進んでいた大井手を蛍が住める環境を取り戻そうと長年にわたって清掃活動・環境保護活動を行い「世界かんがい施設遺産」に登録されるまでにされました。

「学生ボランティア賞」

「阿蘇援農コミュニティプロジェクト」
東海大学農学部 プロジェクトリーダー 堀江 美貴 様

阿蘇地域の人手不足に悩む農家の農作業支援活動を通して地域活性化に取り組み、熊本地震被災後もプロジェクトを継続して、農家に労力と活力を提供し、地域に貢献されています。

「災害復興援助」

「シンママ熊本応援団」代表 佐藤 彩己子 様

熊本地震で被災したシングルマザー世帯の仕事や住まいなどの危機的状況を救おうと「シンママ熊本応援団」を立ち上げ、継続的な食糧支援をはじめ、精神的 経済的支援にも取り組み、シングルマザーにさまざまな支援活動をされています。