2009年7月8日(水曜)16:00~
熊本県立熊本聾学校校長室において、井上真智子前会長の挨拶後、清永和子会長より、熊本デザイン専門学校1年生、河野綾香さんに進学支援金が手渡されました。
熊本聾学校側は、河野さんへの支援をSI熊本に切望された平川校長先生他、冨岡,春野両教頭先生、元担任の水谷教諭が立ち会われました。

 

ご自身のハンディを抱えながら、中学生時代から、病弱な母親に代わり三人
の弟妹の面倒や家事全般を行っている綾香さん。将来イラストレーターになりたいという〝夢〟に向かって日々勉強に勤しんでいます。

 

校長先生からは「特例にも関わらず快く対応されたSI熊本の期待に応える
ように」水谷教諭からも「感謝の気持ちを忘れずに一歩一歩あゆんで行って欲しい」という励ましの言葉がありました。

 

式の流れや話の内容は、水谷先生が丁寧に手話通訳されていましたが、最後
に、綾香さんから「頑張ります!」という力強い肉声を聞くことが出来、一同感激でした。

 

ソロプチミスト日本財団委員会担当

綾香さんも会長も、とびっきりの笑顔です!

綾香さんも会長も、とびっきりの笑顔です!

熊本日日新聞の朝刊記事

熊本日日新聞の朝刊記事

スクリーンショット 2015-07-24 1.41.53